読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乙女の公開交換日記

ノズルとやぎ子(ユニット名:おとめのおもちゃ)のセキララ☆公開交換日記。わくわくの火種を勝手に投げつける。しかと受け止めろ。いや、受け止めなくていい。人生って楽しい!

芸術<食欲のAKI(ノズル)

やあやあどうも。ノズルだよ。
前よりはさすがに仕事も忙しくなってきました。
最近毎週鍋食べてんのに、先週食べれなかったのでもう禁断症状出てます。
やぎさん鍋食べよう…雑炊しよう…
赤から鍋にハマりすぎてる…週3で通いたい…
 
 
今月、毎週末何やらエンターテイメントに触れてるので、ただただその感想を書くだけのブログを書きます。
よろしくお願いします。
 
 

 

映画「バクマン

 
(※微妙にネタバレありです…)
前評判通りの面白さ。
実写化発表と共に話題になった、キャスト配役逆じゃないの?問題も(完全に私もそう思っていた)
鑑賞を終えた今では逆の配役が考えられないくらい。
大根監督、お見事です。
 
ド頭、始まって数分でもう鳥肌。
ジャンプ好きにはたまらない演出!もうほんとたまらない演出!!
ジャンプには好きな漫画があり過ぎる…
「俺に勝っといて負けんな」とかもう忘れてたわそんな台詞……
 
 
プロジェクションマッピング、エイジVSサイコー・シュージンのCGバトル演出などなど…
「漫画を描く」という、パフォーマンスとしては地味な行為を見事に映画的に昇華していてただ絵を書いてるだけのシーンまで楽しいものにしてくれた演出はさすが。
大根監督ひとりで考えたのかな…
 
そして、つい最近実家帰った時にスラムダンク全巻読破したばかりの私には本編ラストは胸熱すぎる展開でした。
スラムダンクを読んだことのある誰もが感動した“あのシーン”のオマージュ。
一緒に行った子はスラムダンク読んだことあるくせに気づいてなくてハァ?って思った)
 
原作未読でもいいから、スラムダンクを読んでから見るべきっていうツイを見て、心から同感!
まあもちろんスラムダンク読んでなくても楽しめるので、やっぱりジャンプ漫画好きな人には全員見て欲しい映画でした。
 
 
 
ひとつだけ苦言を呈するなら、
佐藤健さま大好きやけど…同い年やしさすがに高校生に見えん…ってとこだけかな。笑
まわりの神木くんとか小松菜々ちゃんが若いから余計に…
あと、息子が倒れたり入院してんのに一切両親が出てこないのも不思議だったけど…そこまで入れると詰め込み過ぎになってしまうのかな…
 
それにしても最近神木くんめっちゃ好きだ…!
神木くんって、私が見た最近の作品だと「サムライせんせい」「学校のカイダン」とか、言ってしまえば全部神木くんのままなんだけど、妙にハマり役というか見事に役を自分のものにしてるというか。
憑依型・カメレオン俳優ではなくてキムタク型ですよね。
「全部キムタクやん!」ってなりながらも、見事に役を自分のものにするタイプ。
うーん、最近好きになる俳優さんが年下ばかりで我ながら……笑
 
 
 

七年ぶりの恋人

七人の恋人」「七人は僕の恋人」ぶり、タイトル通り七年ぶりのウーマンリブ公演。
いやあ最高にくだらなかった!!
80年台のアイドル歌謡曲をモチーフとしたコントオムニバスで、客入れでかかってるBGMからもう私好み過ぎた!!!
舞台・演劇ってやっぱりどこかテーマというか、役者の台詞を通して作者の言いたいことが何かしら伝わって来たりするもんだったりするけども、このウーマンリブ公演に関しては、最初から最後まで本当に一っっっっ切何も中身がない。笑
 
パンフレットでクドカンさま本人も話してたけど、自分は「コント作家」で、本当にやりたいようにくだらないことを詰め込んでるだけと。
オナニーオナニー連呼する教師とか、発情が止まらない紳士な上司とか、普通に考えたら女性が引きそうなド下ネタの嵐も思わず笑わせてしまうのはさすが。中森明菜ちゃんの格好した皆川猿時さんが「中森ヴァギナです」って自己紹介するとこから始まるから。笑
そしてやっぱり阿部サダヲさんは無敵だなあ…何言っても笑っちゃうもん。ずるい。
 
 
 

ワンピース歌舞伎

今回初めて知ったんやけど、スーパー歌舞伎ってのは歌舞伎を現代風にアレンジしてとっつきやすくしてるもんだそうで。
最初は歌舞伎見たことないし、台詞とかわかるのかな?と少しだけ不安な部分もあったんだけど、とんだ杞憂に終わりました。
めちゃくちゃ面白かった!スーパーエンターテイメントだった!!
ワンピースと歌舞伎がこんなに相性いいとは…
冒頭の、麦わら海賊団ひとりひとりの名乗りとか普通に演出として胸躍るものだったんだけど、後から市川猿三郎さんのブログを見ると
 
 
さらに ルフィーが登場してから麦わら一味の各自の名乗りは 
ご存じ『白浪五人男』の「つらね」であります。
途中のナミの名乗りの肌脱ぎは、もろ弁天小僧菊之助の応用、
チョッパーで人形からの変化の登場あたりは これまたご存じ『義経千本桜』の応用ですね(笑)
 
 
 
と。
ワンピースのための歌舞伎演出ではなく、歌舞伎の演出をワンピースに当てはめただけっていう。
元々原作者の尾田さんが歌舞伎好きなのは知っていたけど、歌舞伎とワンピースがこんなに相性いいとは。。。
 
ストーリーや演出、舞台装置や特殊効果など何から何まで細部に渡って徹底して楽しませてくれるための仕掛けがいっぱいで、もう何度でも見たい!!
 
久しぶりに4時間超えの舞台見たけど、4時間半(休憩抜くと実質3時間半ほど)があっという間でした。ワンピース好きな人にはもちろんやけど、誰でも楽しめるエンターテイメントだと思ったな。
 
それにしても、スーパー歌舞伎と歌舞伎ってまた違うのかもしれないけど、「娯楽」というジャンルにはまることは間違いないと思うので、普通に歌舞伎も見てみたいなって思いました。
とにかくボンちゃんが最高すぎたね。ゾロと同じ人が演じてるとか信じられん…!
 
 
 
 

嵐さまコンサート 

 
 
ワンピース歌舞伎の翌日に嵐さまコンサートっていう何たる贅沢2days。
いやあ〜もう最高に楽しすぎた!!
ジャニーズのコンサートというより、一つのエンターテイメントとして圧巻のライブでした。
私みたいなただのミーハー女でもおもいっきり楽しめるやつ!!!
 
今回は“ジャニーズの原点回帰”がテーマのライブってことで、ジャニーズのお家芸盛りだくさんだったんですけども。
いやあやっぱりジャニーズってすごい。突き詰めると、多分まったく同じライブを知らんオッサン5人組がやってても「すげえ!」ってなるライブやと思う。
そんなすごい内容のライブを、あの天下の嵐さまがやってるんですからさあ!!!!すごくないわけないでしょ!!!!!!
 
それぞれのソロで、「これぞジャニーズ芸!」ってものに1つずつ挑戦してたんですけど、二宮さんのタップダンス×プロジェクションマッピングが一番好きでした。“ドーム”っていうキャパに合ってる演出だし、歌とゲーム画面をシンクロさせてて見ていて可愛いし、何より楽しい!!!
 
何より圧巻だったのがファンライト演出!!!!
コンサートグッズのペンライトを、着席時に自分の席にタッチするとコンサート中すべて遠隔操作で様々な色に勝手に変化させてくれるっていうライトです!!
 
席によって光り方が違うので、ステージでの音に合わせて5万人の客席が光の演出を見せるわけです!!!
客席が青一色になったかと思えばレインボーになったり緑のグラデーションが波打ったり…
こんなこと言ったら嵐ファンに怒られるかもしれんけど、半分ぐらいステージより客席見てた。笑
ううううあの感動を言葉で表現できないこのボキャ貧具合がもどかしい!!!!!!
 
私物心ついた頃からジャニヲタなんで若手〜ベテランまでかれこれ10年超、結構色んなキャパでのライブを見てきたと思うんですけど。
純粋に、エンターテイメントとして最高に楽しかったのがこのライブかも。
ファンですらチケット取れない嵐さまのコンサート。
興味ない人にこそ見て欲しいのにな…。絶対「ジャニーズすげえ!」ってなるから。
 
 
 
 
 
 
はい、そんなこんなです。
そういえば、この4つすべてに共通したのが「プロジェクションマッピング」ですね。
なんかプロジェクションマッピングって最近ある日突然ひゅっと出てきたばっかりのイメージですけど、気付いたらもうあっという間にエンターテイメントに欠かせない演出になっちまってますね。エンタメの世界もどんどん進化していって、ワクワクの限りです!
芸術の秋ですね。でもやっぱり食欲のAKIですね。
なんかわからんけど常に物食べてるし、食べたい欲が止まりません。
今もサンドイッチ食べながら書いてます。足りません。
長くなりましたが終わります。
 
やっぱりエンターテイメントが大好きだ!!!!!!