読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乙女の公開交換日記

ノズルとやぎ子(ユニット名:おとめのおもちゃ)のセキララ☆公開交換日記。わくわくの火種を勝手に投げつける。しかと受け止めろ。いや、受け止めなくていい。人生って楽しい!

光って燃えろ(やぎ子)

こんにちは。おとちゃのガーリー担当やぎ子です。

ノズルの前回記事、ドラマそんなに見てることに驚き感心しました。

好きなものがあるって大事!とことん好きなものに突っ走るノズルのそういうところいいと思ってます!

 

 

さて、今回の私の記事は。。。

特にこれ!っていうトピックスや特集はないのだけど、なんだかわくわくしている気分なので徒然と書いてみようと思います。うまくまとまるかな。

 

①ぼけーっと見ていたインスタの投稿に、ビビッとくるものを見つけた!

 

言ってしまえばその投稿者さんは、ただ自分の写真と文章の投稿を毎日していただけ。

でもそこに、ちょこっとの自分のオリジナリティと人を楽しませたいっていう工夫をしただけで、少しずつ人気になっていった。

そしてその人には夢(必ず実現したいこと)があって、

その夢(フォトグラファーになって写真や記事で人をわくわくさせたい)にも、ちょっとずつ近づいているみたいだった。

そんな自分のことを、その人は「一歩を踏み出してみただけ」と言っていて、すごくすごく勇気をもらえた◯

 

②公言してしまったことで、かえってやる気が湧いてきた!

 

やめるやめると言って一瞬やめたとある仕事を、結局ヘルプの形としてまた働かせていただくことに。。。

でもやめる時、理由を求められた私は勢いで「フリーランスで働きたいから、まだ当てはないけどやめます!」と言ってしまっていたの。本当に準備も、いや、決意すらできてなかったのに。

そして職場にまた戻ったら、みんなもそれを当然知っていて、「フリーで働きたいんだって?」と聞かれる日々。。。

今更、その時の勢いでしたとか、ごにょごにょ言うこともできず、のらりくらりと「そんなかんじです」的な返事をしていたけど、なんだかだんだんと逆に私はそういう働き方しかできないんだろうなって気がすごくしてきてる。いい意味で。

春に職場に入ってきた人も、話を聞いてみたら「デザインがすごく好きなんだけど、どうしてもデザイン事務所という形態が合わなかった。」と言っていた。逆に「今のこの職場での精神衛生がいかにいいか!」ということも言っていて、無理に職場のスタイルに合わせる必要はないし、自分が生きていやすい、働きやすい場所を求めていいんだなってわかった。

 

③ゆるふわ本を読んでみたら、意外とパワーチャージできた!

 

この前ノズルと行った巨大古書店で購入した自己啓発本。正直どんなん?って思いながら読んだけど、要するに引き寄せの法則を使っての成功体験をわかりやすくまとめていた。

matome.naver.jp

gorich.jp

あんまりいいまとめがなかったけど、以前の記事

otomenoomocha.hatenablog.com

 

で書いたような、肯定表現や実現したいリストを活用しながら、

実際に行動に移すことで夢を現実にしていく本だった。

引き寄せの法則のことを知らないで読むと、たぶん「なんじゃこりゃ」な本だけど、

それをわかって読むとすごくわかりやすくていい。またゆっくり時間をとって、

私の夢リストや具体的な行動を書いていこうと思います!

 

④憧れのキラキラリストを作ったら、方向性が見えた気がする!

 

前ノズルにも見せた「気になる人の座標軸」の中の憧れの部分だけを抽出してみた。

そしてその人たちの共通点を並べてみて、あらためて自分がやってみたいことがわかった気がする。。。

私は、物語でもいい、デザインでもいい、アートでも写真でもコラムでもなんでもいいけど、

どうしても世の中に発信したいことがある。だからその形を作るために、

カテゴリーを定めずにやってみようと思う。

もっともっと具体的な表現方法や、自分ならではのオリジナリティを追求して

走り出したいと思うのだ。

自分の得意分野、自然とやってしまうこと、好きなこと、それらを組み合わせて

ピースから全体を作る。やる。私はそういったことに興味があるの。。。

 

就活の面接などで、私の文章は褒められることが ある。それはそれとして、

同時に「熱いですね!」って言われる。

私、自分のこと熱いなんてこれっぽっちも思ったことなかったけど、

もしかしたら、青い青い炎のような燃え方なのかもしれない。

真っ赤でいかにも熱い!ではなく、静かにボウっと燃えている炎。さわれば確実に熱いのだ。

 

私たちは、きっと発光体。光りながら、燃えて燃えて燃える発光体!

 

 

やぎ子。