読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乙女の公開交換日記

ノズルとやぎ子(ユニット名:おとめのおもちゃ)のセキララ☆公開交換日記。わくわくの火種を勝手に投げつける。しかと受け止めろ。いや、受け止めなくていい。人生って楽しい!

子供のころの本棚(ノズル)

どうも。ノズルです。(ポーズ)
 
 
前回の日記で、お互いに引き合ってたなんて
ちょっと私も動揺しています。
初っ端からすいません。。
 
まあこれからは「クリエイティブだけど女性らしさを忘れないユニット」を目指して
いい感じの記事を書いていければいいなあと思います。
赤線でラインマーカー引いときます。
いや、黄色の蛍光ペンで線引いときます。
よろしくお願い致します。
 
本題ですがいやー自分で振っといて
「人生変えた作品」って難しいなー。
 
 
確実に一番自分の人生変えた作品は
金田一少年の事件簿』一択やねんけど、なんか私情入りすぎてアツく語りにくいなー。
ちょっとこれは別の機会につらつらと書いてみるとしよう。
 
 
 
やぎ子のように、
自分が小学生の頃好きだった本を一生懸命思い出してみました。
 
以下、全部実際にシリーズを集めて自室の本棚に並べていた作品。
どれも何度も何度も繰り返し読んだ、確実に自分の人生に影響を与えた作品たち。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『フェリックスの手紙』
フェリックスの手紙―小さなウサギの世界旅行

フェリックスの手紙―小さなウサギの世界旅行

 

 

 
この前やぎ子と本屋行ったとき久しぶりに存在を思い出した、大好きだった絵本。
うさぎのぬいぐるみ、フェリックスがひょんなことから世界のいろんな国を回って、
その行く先々でぬいぐるみの持ち主ソフィー?ちゃんに手紙を送る、っていう内容やねんけど。
その手紙が、ほんとに直筆っぽい字にたまに誤字とかあったりして、
で、ちゃんと封筒の中に折りたたんで便箋が入ってるの!
一冊につき5通ぐらい手紙が入ってたかな?
毎回新シリーズが出るたびに、その手紙を開けるのが楽しみだったー。
絵もめちゃくちゃ可愛くて!!
ほんとに何度も何度も読んだなー。
 
⇒(どうノズルに影響を与えたか)
恐らく、自分が人生で初めて集めた「活字」本だと思う。
小1の頃、クラスで本の紛失騒ぎがあったとき、“犯人はノズルや!”って疑われてしまう程
周囲も認める読書好きだった私。(もちろん私、盗んでません)
そのきっかけとなった本なんじゃないかな?
 
絵本のくせに、やたら難しい漢字で読み仮名もなかったりして、
子供ながら“私、難しい本読んでる!”って気持ちにさせてくれた本だった。
今読んだら幼稚な文章に感じるのかな…?
実家にまだあるかなー?久しぶりに読みたいなー。
 
 
 
 
『なぜ?どうして?!』

www.amazon.co.jp

 
「雨はなぜ降るの?」「電話ってどうして遠い場所にいるのに話せるの?」
とか、当たり前すぎて今思えば改めて疑問に思わないようなことを1つ1つわかりやすく説明してくれている本。
これも何度も何度も読んだな。今でも自分の知識の一粒をどこかでこの本が担ってくれていると思う。
 
⇒(どうノズルに影響を与えたか)
これも、やぎ子のブログ見て存在を思い出した本。
あと、前回のやぎ子さんのブログにとても共感する部分があって。
 

要するに、常になにに対しても「それはなぜだろう?」「どうしてこうなったのかな?」

と疑い続けること。考え続けること。多くの人がそれを忘れてしまうのなら、

私はそれを忘れないでいよう。

 

 

 

改めてそういう意識を持ったことはなかったけど、

私も何か新しいものを見つけたら、「これってどういう仕組みなんだろう?」って調べてしまう癖がある。

それはこの本を幼い頃に何度も何度も読んで、「なぜ?どうして?」って思う癖が無意識のうちに出来ていたからなんだろうなーと思いました。(こじつけかもしれんけどネ!)

 
 
 
『ゆうれいママにSOS』

 

ゆうれいママにSOS! (創作こどもクラブ)

ゆうれいママにSOS! (創作こどもクラブ)

 

 

要は、死んじゃった母親が娘のピンチのときに幽霊となって助けに来てくれる、みたいな
ちょっと前にドラマでやってたみたいな話やねんけど。
私のリアル母親に、「縁起悪いからこんな本集めんといてほしい。。。」って結構切実に言われたけど、親が悲しむ気持ちより読みたい気持ちが勝って全シリーズ集めていた本。
何故好きだったのか理由は全然思い出せない。
多分、最初の動機は挿絵が可愛かったからとかなのかなー?
 
⇒(どうノズルに影響を与えたか)
フェリックスの手紙とかぶるけど、絵本以外で初めて集めた物語本がこれだと思う。
繰り返し繰り返し読んでやっぱり本を好きにさせてくれたし、
あと私当時の趣味というか日課というか常日頃やっていたのが「妄想」で
オリジナルストーリー(時にはドラマ、時にはアニメなど、第一話からキャスティングもめちゃくちゃきっちり考えてノートに書いてた。あのノートどこ行ったんやろう?)考えてたんですが、そういう“妄想力”も養ってくれた本なんじゃないでしょうか!!
 
 
 
パスワードシリーズ

 

パスワードは、ひ・み・つ―パソコン通信探偵団事件ノート (講談社青い鳥文庫―SLシリーズ)

パスワードは、ひ・み・つ―パソコン通信探偵団事件ノート (講談社青い鳥文庫―SLシリーズ)

 

 

 
これは多分有名だよね?
学校でも流行ったけど、私は流行る前から集めて読んでたで!!!(どや顔)
 
-小学生(第20巻からは中学生)5人が身近で起こる様々な事件に、仲間たちや主犯格側が遺したペンシルパズルやなぞなぞなどを推理して解決へ挑むという単純明快なシナリオとなっている。(wikipediaより)
 
こっれはもう大好きだった!!!
金田一少年が私のエンタメ好きの目覚めなんですが、
もう謎解きとか謎解きとか謎解きとか大好きなんだよ!!
 
こんなんとか
(やばい、激なつかしすぎる!!!!3、4年編も持ってた)
 
こんなんを
(全シリーズ持ってる)
 
小学生の頃からアホみたいに何回も読んでた私にとって、
大好きな「謎解き」×大好きな「小説」のコラボレーションで
本屋さんで見つけたあの日、ものすごくテンションがあがって一気に読みまくった作品!!!
 
謎解きブックも買ったなー。
ほんとにワクワクを与えてくれた作品でした。
今もミステリー小説大好きなんですが、その第一歩だったと思います。
 
 
ちなみに今思い出したけど、このシリーズ

www.7netshopping.jp

 
も集めてたなー。
自分の好みわっかりやっす!!!笑
 
 
 
 
 
 
 
・・・。
 
思ったより長編日記になってしまった。
子供の頃の本棚、十の昔に大体の本を捨ててしまったけど
思い出してみると以外に思い出せるもんだな。
あと意外と自分のルーツを知れる気がする。
やぎ子もよければ子供の頃の本棚、教えてください。
学校の図書館で借りてた好きなシリーズとかでも。
 
 
ところでやぎ子はガーリー担当らしいけど、
ノズルは何担当がいいと思う?
それもアドバイスください。何卒よろしくお願致します。
 
 
ほな。