乙女の公開交換日記

ノズルとやぎ子(ユニット名:おとめのおもちゃ)のセキララ☆公開交換日記。わくわくの火種を勝手に投げつける。しかと受け止めろ。いや、受け止めなくていい。人生って楽しい!

2016→2017(ノズル)

遅くなりました。相変わらずのトロい更新ですみません。

 

 

やぎさまは主人公になりたいんだね。

わかりやすい。

そしてなんかわたしの好きになるキャラクターと全く違いすぎて驚いた。やぎちゃんとはなんか似てる部分とか共通する部分も多いから、理想とするキャラクターが私とはあまりにかけ離れすぎててなんだか意外でした。

主人公になるために。まずは努力だね!続けること。わたしもいろいろがんばらねば……

 

 

さて。なんだかんだ言うてる間に、あっというまに2017。なんなら平成ももうすぐ終わるとか終わらんとか。

そんな2016年は、私にとって恐らく人生最大にアクティブに過ごせた1年でした。

映画撮ったりコント手伝ったり山登ったりバンジージャンプしたり婚活したり何やらしたりしたり。

意外なところから新しい出会いもあったし、と思えば10年以上ぶりの友人と再会したり(それも1人や2人じゃなく)。うれしい出会い、再会の多い1年でした。

てな感じでプライベートは大充実だったんですがその代わり仕事がなっっっっっっんにも面白くなかった。まじで。やりがいのなさ。笑

 

今までは仕事が良い意味でも悪い意味でも大充実でプライベートが一切なかったので、ほんと2、3年前と比べるとキレイに真逆。ないものねだりなのかもやけど…それはそれでしんどいなーと。まあどちらにせよどちらかが充実しているから、トータルで見て人生の充実度は半分より上やとは思うんやけど。 

けどさ、仕事がうまくいってないと、仕事してる自分を好きになれなくて、そんな自信を持てない自分が存在してしまって、なんかすべてがうまくいかない(気がする)。

今の仕事が向いていないのかな…

2016年は一切転職なんか考えてなかったけど、2017年は思い切るのもありかなーなんて思い出し始めています。

 

 

はい、全然話は変わりますがそんなこんなで一年の区切りのタイミングではお決まりの「しいたけ占い」。

http://voguegirl.jp/horoscope/shitake2017-h1/

 

なんか今回の占いは結構自分に響いたんで思ったことを書きたいと思います。

ちなみに私はみずがめ座なんですが…

 

「大切にしたいと思ったものはギューっと、嫌だなって思ったものはポイする」

 

これって、2016年のわたしの裏テーマというか、なんとなく気づき始めていたことではあって。

やぎ子さんに結構前に話した気がするんだけど、はあちゅうの「半径5メートルの野望」を読んで感銘?衝撃?を受けたことと同じようなことが書いてあった。ちなみにはあちゅうが言ってたのは「自分の人生に必要ないと思った人は仲良くする必要がない」的なこと。(文章忘れたけど私はそう受け取った)

 

改めて自分の人生を思い返してみると「誰にも嫌われたくない」ってエゴが人一倍大きくて、割と八方美人的な部分があったなあと思う。

(例:クラスで嫌われてる女の子に対しても、“嫌う”って行為自体に嫌悪を感じて普通に接しようと努力していた など)

人間だから、どうしても合う合わないはある。

けどやっぱり合わない人ひとつ取っても、“自分のなかの常識”、“譲れない部分”はあって、それがあまりにも自分とかけ離れている人に出会うと「もういいや」って簡単に切り捨てるようになってきた気がする。この人とはここまでだ、って自分のなかで線を引いちゃう。今まではそんなことなかったのに。

これまではこうやって人に線を引くのはいけないことだ、って思い込んでたけど、“いい意味で”性格悪くなれた(日本語変やけど)気がします。無意識にいい子でいようとしすぎていたのかも。

しいたけさんの言うとおり、「疲れない人」とだけ一緒にいていい。そう考えるとなんだか楽になる気がする。

長い付き合いだからとか、同じグループだからとか、嫌いになっちゃいけない理由を無意識に探すより「こういう部分、嫌だなあ」って気持ちを素直に受け止めていいんだなと。まあ大人なのでもちろんそういう部分を表には出さないんですけど。もっと自分の感情に正直に、素直に。認めたくないものは認めなくていい!要は、“無理しない”!!!!

 

自分の人生を楽しくするために!自分が一緒にいて楽しくなる人を選んでいい!もっと自分の感情に素直に生きる!!ポジティブな人と一緒にいたいし、そのためには自分もポジティブでいる!!

 

 

まあ要は、そんな2017年にしたいと思います。

Facebookがわざわざ教えてくれる「過去のこの日」的なやつで2013年の目標を読み返したんやけど『内村航平みたいな人と結婚して鈴木福くんみたいな子供産むために努力する一年にします』って書いてて、全くもってその通りだと思いましたのでそれも今年の目標です!

はい以上!!!

やぎ子さんも新年らしく2017年の抱負とか教えてくれい!

 

主人公になりたい。(やぎ子)

こんにちは。おとちゃのやぎ子です。お返事遅れてごめんな。忙殺されてたり、メンタル的にダークサイドに落ちたりしてました。少し落ち着いたので、気分アップしたい欲も込めて更新します。

 

前回のノズル記事、憧れのキャラクターの話を受けて私も書きます。

「子供の頃の憧れのキャラクター、好きだったキャラクター」は、「潜在的に自分が惹かれてしまう=自分自身を表している、自分自身の物語」ということになります。いいところも、悪いところも。

なので、ノズルがマーキュリーが好きだったのも、言う通りそれがノズルの姿を表現していたんだと思う。それがヴィーナスに変わっていったっていうのも、弱い自分を脱皮してったというのかな、未来の(本来の)ノズルの姿は、きっとヴィーナスなんだよ。

 

さて、一方私の憧れだったレディですが、いくつか挙げたいと思います(ちなみにセーラームーンは習い事の関係上全然放映を見れなかったので、あまり好きなキャラはいなかった)。

 

FINAL FANTASY Ⅵ:ティナ

f:id:otomenoomocha:20161127143329p:plain

FF6の主人公(メインキャラクターのひとり)。圧倒的な魔導の力を持ち、そこを帝国(主人公達の敵サイド)に利用され、「あやつりの輪」という道具で自分の意思や行動を持てないよう操作される環境で育つ。そのため、輪の呪縛から逃れても自分の感情や気持ち、特に「人を愛する」ということがよくわからない。そのため、一時は弱り、力を失いかけてしまう。けれども自分自身をさらけ出し、その力を世界を救うため、そして誰かを愛するために使うと決意し、最後には清々しい自由を手にいれる。

 

 

もう私の人生、ティナそのまんまと言っても過言ではありません。特殊な養育環境で育てられ、意思を抑え込まれてまるで人形のように扱われる。その後遺症で、自分で自分のこともよくわからない。私のベースラインはそのまんまティナです。けれどもティナの物語に私が則していくなら、私の中に眠る力を、人や世界や未来のために発揮できる日がくるのだと思う。

 

レイアース:光

 

f:id:otomenoomocha:20161127150146p:plain

 

レイアースのメインキャラクター。東京から異世界へと飛ばされた少女。無邪気で人懐こく、心の強さを持っている。異世界を救う旅にて重要な役割を果たす。小さい。

 

私はレイアースの中で圧倒的に光派でした。無垢で、かわいくて。

 

 

JUDY AND MARYYUKI

 

f:id:otomenoomocha:20161127152300p:plain

 

4人組ロックバンドの紅一点、ボーカル。その歌声はもちろん、外見やパフォーマンスで世界観を表現する。

 

 

以上、3名の憧れのレディを挙げてみましたが、そこにはやっぱり共通点がある。

①主役(センター)であること

②どうしても人を惹きつけてしまうこと

③使命や役割を背負っていること

 

とんでもない魅力を持ってして、赤い服をまとって強烈に他者を惹き付ける。そんな主人公に、私はずっとなりたかったのだと思う。そして自分の存在を、何かの役に立てたいのだと。

 

私は数秘術が「33」なのだけど、

LP33の人

≪カバラ数秘術の教科書≫誕生数『33』の性格特徴・恋愛傾向

なんとなーく、やっぱり自分は人のためにならなきゃ!って思いがちなんだよね。

けど、主役になるってことは、自分が自分を出していくことだと思う。自分を後回しにするんじゃなくて、自分を出していくことが結果的に人のためになる、そんなかんじなのだと思う。

 

11月はメンタルがダークサイドにちょっと行ってたんだけど、そのおかげでわかったこともあった。

シンプルに、子供の頃の願望と変わらないまま、私の中にあった気持ち。それはやっぱり、「私の表現をしたい、私の表現で生きていきたい」ということだった。私は私のステージで主役になりたい、いや、なる。

表現をしたいという軸は変わらなくても、その後の気持ちや目標が毎回変わる私。今回ダークサイド行ってきて、軸のまわりにこびりついた余計な感情は振り落としてこれたと思う。「誰かのためにならなきゃ」「役に立つものを作らなきゃ」「評価されなきゃ」

 

ええーい、そんなものはくそくらえじゃーい!

私はもうやりたい放題したいし、黙々と自分の世界を構築したいんじゃーい!

そのためにー!

 

①痩せていきます!:主役がチビデブだなんてありえません!私は主役!私は主役!
②作ります!:評価とかそういうの全部無視して、気持ちのままに作品を作る!
③発信します!:作ったら世に出す!眠らせておくことが一番無意味!
④覚えておく!:自分の言ったこともすぐ忘れるので、今回の決意を忘れない!

 

以上! 

まとまりがないですが、今回の記事はこんなかんじです!

ノヅルは最近夢に向かってホップ*ステップ*ジャンプ*してるーっ!?

 

また鍋やろうな!

やぎ子でしたー

セーラーヴィーナスになりたい。(ノズル)

こんばんわん。

なんか、交換日記書いたつもり(というか記憶ある)で色んなメールの下書きとか見たんやけど見つからず…
気づいたら半年ぐらい放置してて申し訳。。。ノズルです。。
 
最近、自分リセットしたい私です。
部屋もキレイにしたいし(ずっと言うてる)、恋もしたいし、お金も稼ぎたいし、もっと仕事も頑張りたいし、とにかく、自分が好きな自分になりたい。ほんと年に2回ぐらいやってくる「自分きらい自分に超自信ナシあ~変わりたい」モードです。(別に病んでるわけではない)
 
今月半ばごろ久しぶりに両・祖父母家に出向き、本当に心から喜んでくれて無償の愛というか無条件の愛というかを向けられて、なんだか泣きそうになった。こんな私でも愛してくれる人はいるんだなと…
頑張って私は生きねばと改めて思いました。(そしてこの人たちのためにも結婚せねば…と。すんごくプレッシャーかけられた)
 
 
なんか、日記に対しても「いいこと書かなきゃ…!」的なプレッシャー?(というのも大袈裟だが)というか、気負い過ぎてる部分があったのでもっと気軽に書いてこうとおもいます!
 
話飛ぶけど、先日仕事の関係で初めてセーラームーンミュージカル通称“セラミュ”を見させて頂きました。すっごいわくわく興奮したんですけど、ミュージカルの内容とは別の話で色々考えるところが。
以前やぎ子さんが言うてた、「子供の頃憧れだったキャラクター」の話。
“子供のころ憧れていたキャラクターが、大人になった今でも潜在的に憧れの存在である”ってやつ。
やぎ子さんからその話を聞いた時、パッと該当する人物が浮かばなかったんだけど、セラミュ見てるうちにふと思い出した。
 
私は幼稚園~小学校中学年まではマーキュリー、水野亜美ちゃんが大好きだった。
セーラームーンごっこでもしようものなら、マーキュリー役は断じて譲らない、強火「マーキューリー担」でした。(ジャニヲタ用語)
 
類似系統でいうと
魔法騎士レイアースではダントツ風ちゃんが好きだったし、
愛天使伝説ウエディングピーチのエンジェルリリィはたぶん人生で一番憧れたキャラクターだと思う。
 

f:id:otomenoomocha:20161024213539j:plain

風さん。あんま良い画像がない
 

f:id:otomenoomocha:20161024213609j:plain

 
エンジェルリリィこと谷間ゆりさん。大好きすぎた
 
 
きれいで、知性があって、自立していて。冷静沈着頭脳明晰。
ちょっと引っ込み思案なところもあって。
 
それが、確か小6の時だったと思う。もうセーラームーンアニメの流行は終わってたぐらいの時。
夢にセーラーヴィーナスが出てきて(夢の内容は忘れた)、目覚めた時には意識の大改革が起こっていた。
 
「あれ…?私なんで今までマーキュリー派やったんやろ?どう考えてもヴィーナスの方が憧れるやろ!!!」
明るく元気で、自分に自信があって、前向きで、確固たる自分を持っている。なりたい夢だって明確で。そして何より、かわいい!!!
 
 
セラミュ見てて、亜美ちゃんに対して「かつて一度は憧れた人」的なひいき目はあったんやけど(←何様目線)、やっぱりどうしたってヴィーナスに目がいくしついつい応援してしまった。
明るく元気で、自分に自信があって、前向きで、確固たる自分を持っている。なりたい夢だって明確で。そして何より、かわいい!!!
(↑さっきの文引用。)
もうさ、なりたい要素しかないよね。
私の「理想の女の子」の要素が詰まりすぎてる。
 
なんかさ、本当に自分で言うのおこがましすぎるんですけど
私がマーキュリーを応援してたのって、一番自分に似てたからなんですよね。
大人しくて、感情をあまり出さなくて、いつもひとりで本ばっか読んでて、それなりに成績も良くて、そして引っ込み思案。
ミュージカルの中で、亜美ちゃんが悪者につかまって“本音を引き出す鏡”みたいな道具を使われ、ついつい「本当はいい子でなんかいたくない」「うさぎちゃんは衛さんやみんなに愛されていてずるい」的なブラックな部分が引き出されちゃうんやけど、なんだかそのシーンを見てると胸が痛かった。わかりすぎる。亜美ちゃんの気持ち。
 
 
それはさておき、何のお告げかわからんけど、ある日の夢がきっかけでヴィーナスに憧れるようになって。
今思えば、潜在的に“劣化マーキュリー”の私を卒業したかったのかなー。
セラミュみて、改めて思った。
セーラーヴィーナスになりたい。
 
27歳のアラサーBBAが何言うてんねん、って話ですが
私の中の“劣化マーキュリー”を追い出したい。
ヴィーナスみたいに「自分らしく」前向きに生きる女の子になりたいな。
それが20代の目標ですかね。。
 
 
書こうとしてた内容と全然変わったんやけどなんか熱く語ってしまって恥ずかしいのでこんなところで終わります。
やぎさんの憧れのレディってどなたですか??
セーラームーンだと誰派でしたっけ?
 
 
 
余談ですがこの意識の大改革をきっかけに、レイアースでも風ちゃんじゃなく海ちゃん派になりました。
 
 

f:id:otomenoomocha:20161024213917p:plain

海さん。圧倒的にかわいい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

共作のかんそう(やぎ)

こんにちは。おとちゃのガーリー担当やぎ子です。

 

ノズルさまお返事ありがとう!こっちも一方的な記事になったりしててごめんな!

交換日記なんでやっぱり始めた頃みたいに

お互いに書いてほしいこと提案しません?

 上記承知致しました!

久々に、小学生の時にやっていた本場ものの交換日記に想いを馳せてみます。

本当はちょっと格好いいと思うクラスの男子ベスト3とか、

駅前のファンシーショップランキングとか、

なんか、きっとそういうことを書いてたんだろうなあ。かわいいし、今見ても楽しいだろうね。

じゃあ今回の提案やアイディアなんかについては、後半に書いていきますね。

前半記事は、タイトルにもなっている我々の共作について〜!

個人的な感想ばかりになってしまうかもしれないけど、ごめんね。 

 

・初めての二人三脚なのにスムーズ!

まずは本当にこれ!ノズルに構成などざっくり組んでもらって、それから細部や設定や本文を詰めていったわけだけど、なにもかもがつまづくことなくサクサク進んだ。

だって創作文だから、ゴールに向けての完成図のイメージのシェアとか、表現のやり方とか、もう色々が二人の中で重なってないといけない訳だけど、全部が「あ うん」でできた。

これは、やっぱり二人の基本的基礎的な文章力が近しく、感度も似ているからだと思う。どちらかがなにかが欠けてたら、成り立たないバランスだと感じる。

 

・共同作業のわくわく!

次にこれ!物語の中の見せ場やセリフなど、ノズルとポンポン案出ししている過程も楽しかった。二人で案出しして、それを実際の言葉で着色して…っていう、それぞれが表現し、お互い軌道修正し合う、まさに言葉という球の投げ合い!妄想力も、それを言葉に落とし込む表現力も、どっちもモリモリ使ったね!

苦しいことがなかった。信頼できる相棒と、書き進められるこの喜び!

 

そして、以下は私のごく個人的な気持ち。あらためて言葉にしておきたいと思う。

 

書くことが、とにかく楽しかった。ノズルのおかげで、今回こういう機会を頂戴したわけだけど、寝なくても、食べなくても、ずっと書いていられた。

私はゴールに向けて、表現というコマを進めるのが好きだ。文章、言葉というものは、私にとって呼吸のように自然すぎる表現だった。特別視したこともないし、むしろそれを自分の武器にするなんてつまらないとさえ思っていた。

でも、私は紛れもなく言葉を使うことが好きだ。そして今回の出来事で、私は自分にまたひとつ新しい自信を持つことができた。

私にはなにもないと思っていたけど、言葉がある。そして言葉には力がある。

こういったチャンスをくれ、そして私の表現を応援してくれるノズルには本当に感謝しかない。楽しさを、教えてくれてありがとう。

私も、あらゆるエンタメに興味を持って掘り下げていけるノズルを見習う!ノズルがこの先書いていくものも楽しみにしてる!

 

****

 

さてさて、では後半では次にノズルに書いてもらいたいことなどを提案してみようかなー。

3月。もう春だよ!テンションブチ上げ〜!!!気持ちもふわっと浮き足立ち、そわそわと新しい何かに期待したくなるこの季節!季節を意識するって、いいね…。

新年度になるし、今年度の抱負とか掲げてみるー?

それか、やりたいことをざっと羅列!あ!今度おとちゃノートに書いた野望がどれくらい叶えられてるか確認してみよ!

個人的な抱負でもいいし、もちろんおとちゃ活動の目標も可!

はじまりのこの季節にふさわしい、フレッシュな記事を期待しています!

私のはノズルの次に更新するね。よろしくー!

ではでは、春めいてきて恋もしたいな♡やぎ子でした!

共作のかんそう(ノズル)

やぎさま。

 

めっちゃ更新遅くなりましたすみませぬ約2ヶ月ぐらい空いてしまった申し訳ない……

決して!決して忘れていたわけではない!!!

もう言い訳はしません!すんまへん!!!

 

記事の最初だけでもいいので、私の書いた記事を受けて一言だけでもいただけないでしょうか、、、、、、、交換日記なのに一方的な片思いっぽくてさみしいです、、、、、

 

 

これ私も過去に何回か思いました。笑

確かに寂しかったです。。以後、互いに気をつけyo!

 

あと提案なんですけど、交換日記なんでやっぱり始めた頃みたいに

お互いに書いてほしいこと提案しません?

それに答えてもいいし、他に書きたいことあればスルーしてもいいし。

もっと気軽に書けばいいのかもいれないんだけど、書くことが思いつかない。。。

正直今も何書いたらいいかわからないまま、ただただキーボードを叩いています。

 

ってことで。

私とやぎ子さんといえば、先日!やりましたね!!!

恋愛アプリシナリオ大賞!!!

 

応募してみーへん?と軽く声かけたのが確か11月。

それから2ヶ月。

はじめて「おとめのおもちゃ」というユニットで、一つの作品を完成させました。

 

書き上げてから、やぎ子さんとお疲れ様会して、その時に直接話したけれども。

この作品を書き上げたことで感じたこと、学んだこと、伝えたいこと・・・

それを改めて文章にしておきたいなと思います。

 

 

 

↑ここまで書いてまた忙しい日々のせい(言い訳)で1ヶ月ぐらい経ちました。すいません。笑

 

 

◯とにかく書くこと。書き上げること。

シナリオ講座やマニュアル本でも、「まず箱書き(構成)を作る」っていうのがセオリーとしてある、っていう事が頭にあって、そこで止まってしまい(構想をまず考えてしまうばかりで)なかなか書き初められない、書き上げられない自分がいた。

でも今回、「まず書くこと」っていうのをやってみたら、案外筆が進むんだよね!

まず、書き始めること。

ゴール(締め切り)を決めて、書き上げること。

書き上げてさえしまえば、後はそこから軌道修正していけばいい。

それをひとつひとつ積み重ねていこうと改めて感じました。

 

◯二人で書くということ

予想以上に二人で書くのがスムーズにいって、驚きました。

(まあ最後の方はほぼほぼやぎさんに書いてもらってましたが…)

自分が書いて、信頼出来る人に見てもらい、率直な意見をもらうこと。

互いに遠慮なしに気になる点を言い合えたことが大きかったと思う!本当に!!

まだまだ改良の余地はあったのかもしれないけど、少なくとも締め切り時点では納得出来るものを書き上げられた達成感がありました。

 

◯それぞれが出来ること

当たり前だけど私とやぎさんの書けるものっていうのは全然違い。

改めて、やぎさんには私がまったく持ってない“物事を彩る筆力”をお持ちだな…と実感しました。

同じ出来事ひとつとっても、私には表現できないものをすっと表現してくれて。

(やぎさんには物語を書き続けて欲しい!!書くことをやめないで!!)

同時に、自分には文章力がまるで欠けているな…と実感。

最近またクドカンさんのコラム買って読んでんねんけど、面白いんだよなー。なんてことない日常なのに。

自分もやっぱりテンポよく読んでてクスッとなるものを書きたいと思うので、それを書けると信じているので、書くことを続けていく!

やぎさんみたいにコラムというか、日記というか、コンスタントに更新して文章を鍛えないと…と思う。mixi日記はよかったな…(圧倒的mixi派)

 

 

あまりの空腹に書くこと全然まとまってないけどとりあえず更新します!

久々やのにこんなんでごめん!

椿くんと青葉くん書き上げたの、かなり昔に感じるんだけど実はまだ1ヶ月ちょいしか経ってないんだなーー。

やぎさんも、今回の執筆に関して何か改めて一言もらえると嬉しいです!時間は経ってしまいましたが!!

次回作の構想練らねばね!

よろしくお願い致します。

おなかすいた。。。

 

 

鍋を楽しみにしてる(やぎ子)

こんにちは。おとちゃのガーリー担当やぎ子です。

 

ノズルさま、、、、、、、、

記事の最初だけでもいいので、私の書いた記事を受けて一言だけでもいただけないでしょうか、、、、、、、交換日記なのに一方的な片思いっぽくてさみしいです、、、、、

よろしくお願いいたします、、、。

 

追伸!LINEのノートにまとめたこと、お時間がある時にでもちょこっと考えてみてくださいね!

次回ミーティングの際に議題にしましょう。私は本気だよ!本気と書いてマジだよ!

ノズルの前回記事、またエンタメに関する記事ですごーい!って思ってます。バカっぽい感想だねこれじゃ(笑)

いや、ノズルは本当にエンタメが好きなんだなって、あらためて認識した次第であります。

好きだから、意識しないでも触れてるんだよね。そういうことが自分の向いてることだし、進んでいく方向なんでしょうね。

ノズルは、エンタメに触れて、どういう風に感じたことを還元していくの?

これ、書いてて結構キモだと思う。キモいほうじゃなくて肝のほうね!

肝だから、私にだけあとで教えて!意味がわからなかったら鍋の時聞いて!

 

話飛ぶようだけど、学生の頃とか、何かをしたら別の女の子にマネされたことってなかった?たぶんノズルならあるんじゃないかと思う。

私はあるんだ。

 

うーん、何をマネされていたか時系列で書いてみたけど、私のことを知ってる人以外が見たら「そんなのマネじゃなくね?」ってなりそうだから消しましたが…。

 

何かの上達の基本はマネすることだと言われている。

でもそれはその形状や具体的なことをそのままやることではない。そんなのはただのドロボウだ。

ソフトな言い方をすれば、ドヤ顔をした二番煎じ。(ソフトじゃないか)

 

私はドロボウにも二番煎じにもなる気はないし興味がないし、

上手に上達だけを目指そうと思う。

まったくのオリジナルというものは不可能だけど、上手においしく選ばれるものを作ることはできると思うんだよね。

私は私やノズル、そしてこのユニットならそれができると思うよ。

まずは自分だけでも応援団になる!自分の!(笑)

それにしてもやっぱりこうして記事を書くのはいいことだね。

何にも行動できなかった私が、少しでも形あるものを世の中に出していけてるのは

ノズルのおかげだわ。本当にありがとう。

 

鍋ミーティング楽しみだなーーーーー。

 

短いけど今回はここで。

やぎ子。

 

 

 

 

 

芸術<食欲のAKI(ノズル)

やあやあどうも。ノズルだよ。
前よりはさすがに仕事も忙しくなってきました。
最近毎週鍋食べてんのに、先週食べれなかったのでもう禁断症状出てます。
やぎさん鍋食べよう…雑炊しよう…
赤から鍋にハマりすぎてる…週3で通いたい…
 
 
今月、毎週末何やらエンターテイメントに触れてるので、ただただその感想を書くだけのブログを書きます。
よろしくお願いします。
 
 

 

映画「バクマン

 
(※微妙にネタバレありです…)
前評判通りの面白さ。
実写化発表と共に話題になった、キャスト配役逆じゃないの?問題も(完全に私もそう思っていた)
鑑賞を終えた今では逆の配役が考えられないくらい。
大根監督、お見事です。
 
ド頭、始まって数分でもう鳥肌。
ジャンプ好きにはたまらない演出!もうほんとたまらない演出!!
ジャンプには好きな漫画があり過ぎる…
「俺に勝っといて負けんな」とかもう忘れてたわそんな台詞……
 
 
プロジェクションマッピング、エイジVSサイコー・シュージンのCGバトル演出などなど…
「漫画を描く」という、パフォーマンスとしては地味な行為を見事に映画的に昇華していてただ絵を書いてるだけのシーンまで楽しいものにしてくれた演出はさすが。
大根監督ひとりで考えたのかな…
 
そして、つい最近実家帰った時にスラムダンク全巻読破したばかりの私には本編ラストは胸熱すぎる展開でした。
スラムダンクを読んだことのある誰もが感動した“あのシーン”のオマージュ。
一緒に行った子はスラムダンク読んだことあるくせに気づいてなくてハァ?って思った)
 
原作未読でもいいから、スラムダンクを読んでから見るべきっていうツイを見て、心から同感!
まあもちろんスラムダンク読んでなくても楽しめるので、やっぱりジャンプ漫画好きな人には全員見て欲しい映画でした。
 
 
 
ひとつだけ苦言を呈するなら、
佐藤健さま大好きやけど…同い年やしさすがに高校生に見えん…ってとこだけかな。笑
まわりの神木くんとか小松菜々ちゃんが若いから余計に…
あと、息子が倒れたり入院してんのに一切両親が出てこないのも不思議だったけど…そこまで入れると詰め込み過ぎになってしまうのかな…
 
それにしても最近神木くんめっちゃ好きだ…!
神木くんって、私が見た最近の作品だと「サムライせんせい」「学校のカイダン」とか、言ってしまえば全部神木くんのままなんだけど、妙にハマり役というか見事に役を自分のものにしてるというか。
憑依型・カメレオン俳優ではなくてキムタク型ですよね。
「全部キムタクやん!」ってなりながらも、見事に役を自分のものにするタイプ。
うーん、最近好きになる俳優さんが年下ばかりで我ながら……笑
 
 
 

七年ぶりの恋人

七人の恋人」「七人は僕の恋人」ぶり、タイトル通り七年ぶりのウーマンリブ公演。
いやあ最高にくだらなかった!!
80年台のアイドル歌謡曲をモチーフとしたコントオムニバスで、客入れでかかってるBGMからもう私好み過ぎた!!!
舞台・演劇ってやっぱりどこかテーマというか、役者の台詞を通して作者の言いたいことが何かしら伝わって来たりするもんだったりするけども、このウーマンリブ公演に関しては、最初から最後まで本当に一っっっっ切何も中身がない。笑
 
パンフレットでクドカンさま本人も話してたけど、自分は「コント作家」で、本当にやりたいようにくだらないことを詰め込んでるだけと。
オナニーオナニー連呼する教師とか、発情が止まらない紳士な上司とか、普通に考えたら女性が引きそうなド下ネタの嵐も思わず笑わせてしまうのはさすが。中森明菜ちゃんの格好した皆川猿時さんが「中森ヴァギナです」って自己紹介するとこから始まるから。笑
そしてやっぱり阿部サダヲさんは無敵だなあ…何言っても笑っちゃうもん。ずるい。
 
 
 

ワンピース歌舞伎

今回初めて知ったんやけど、スーパー歌舞伎ってのは歌舞伎を現代風にアレンジしてとっつきやすくしてるもんだそうで。
最初は歌舞伎見たことないし、台詞とかわかるのかな?と少しだけ不安な部分もあったんだけど、とんだ杞憂に終わりました。
めちゃくちゃ面白かった!スーパーエンターテイメントだった!!
ワンピースと歌舞伎がこんなに相性いいとは…
冒頭の、麦わら海賊団ひとりひとりの名乗りとか普通に演出として胸躍るものだったんだけど、後から市川猿三郎さんのブログを見ると
 
 
さらに ルフィーが登場してから麦わら一味の各自の名乗りは 
ご存じ『白浪五人男』の「つらね」であります。
途中のナミの名乗りの肌脱ぎは、もろ弁天小僧菊之助の応用、
チョッパーで人形からの変化の登場あたりは これまたご存じ『義経千本桜』の応用ですね(笑)
 
 
 
と。
ワンピースのための歌舞伎演出ではなく、歌舞伎の演出をワンピースに当てはめただけっていう。
元々原作者の尾田さんが歌舞伎好きなのは知っていたけど、歌舞伎とワンピースがこんなに相性いいとは。。。
 
ストーリーや演出、舞台装置や特殊効果など何から何まで細部に渡って徹底して楽しませてくれるための仕掛けがいっぱいで、もう何度でも見たい!!
 
久しぶりに4時間超えの舞台見たけど、4時間半(休憩抜くと実質3時間半ほど)があっという間でした。ワンピース好きな人にはもちろんやけど、誰でも楽しめるエンターテイメントだと思ったな。
 
それにしても、スーパー歌舞伎と歌舞伎ってまた違うのかもしれないけど、「娯楽」というジャンルにはまることは間違いないと思うので、普通に歌舞伎も見てみたいなって思いました。
とにかくボンちゃんが最高すぎたね。ゾロと同じ人が演じてるとか信じられん…!
 
 
 
 

嵐さまコンサート 

 
 
ワンピース歌舞伎の翌日に嵐さまコンサートっていう何たる贅沢2days。
いやあ〜もう最高に楽しすぎた!!
ジャニーズのコンサートというより、一つのエンターテイメントとして圧巻のライブでした。
私みたいなただのミーハー女でもおもいっきり楽しめるやつ!!!
 
今回は“ジャニーズの原点回帰”がテーマのライブってことで、ジャニーズのお家芸盛りだくさんだったんですけども。
いやあやっぱりジャニーズってすごい。突き詰めると、多分まったく同じライブを知らんオッサン5人組がやってても「すげえ!」ってなるライブやと思う。
そんなすごい内容のライブを、あの天下の嵐さまがやってるんですからさあ!!!!すごくないわけないでしょ!!!!!!
 
それぞれのソロで、「これぞジャニーズ芸!」ってものに1つずつ挑戦してたんですけど、二宮さんのタップダンス×プロジェクションマッピングが一番好きでした。“ドーム”っていうキャパに合ってる演出だし、歌とゲーム画面をシンクロさせてて見ていて可愛いし、何より楽しい!!!
 
何より圧巻だったのがファンライト演出!!!!
コンサートグッズのペンライトを、着席時に自分の席にタッチするとコンサート中すべて遠隔操作で様々な色に勝手に変化させてくれるっていうライトです!!
 
席によって光り方が違うので、ステージでの音に合わせて5万人の客席が光の演出を見せるわけです!!!
客席が青一色になったかと思えばレインボーになったり緑のグラデーションが波打ったり…
こんなこと言ったら嵐ファンに怒られるかもしれんけど、半分ぐらいステージより客席見てた。笑
ううううあの感動を言葉で表現できないこのボキャ貧具合がもどかしい!!!!!!
 
私物心ついた頃からジャニヲタなんで若手〜ベテランまでかれこれ10年超、結構色んなキャパでのライブを見てきたと思うんですけど。
純粋に、エンターテイメントとして最高に楽しかったのがこのライブかも。
ファンですらチケット取れない嵐さまのコンサート。
興味ない人にこそ見て欲しいのにな…。絶対「ジャニーズすげえ!」ってなるから。
 
 
 
 
 
 
はい、そんなこんなです。
そういえば、この4つすべてに共通したのが「プロジェクションマッピング」ですね。
なんかプロジェクションマッピングって最近ある日突然ひゅっと出てきたばっかりのイメージですけど、気付いたらもうあっという間にエンターテイメントに欠かせない演出になっちまってますね。エンタメの世界もどんどん進化していって、ワクワクの限りです!
芸術の秋ですね。でもやっぱり食欲のAKIですね。
なんかわからんけど常に物食べてるし、食べたい欲が止まりません。
今もサンドイッチ食べながら書いてます。足りません。
長くなりましたが終わります。
 
やっぱりエンターテイメントが大好きだ!!!!!!